神について知ることに必要な情報

聖書の中のヨブ記を書いたヨブという男は、その中でこう尋ねられました。あなたは神の深さをみぬくことができようか。全能者の極限を見つけることができようか。(ヨブ記11章7節)  彼はこれになんと答えるべきなのでしょう?私たちは神の存在を理解できることができませんので神様が自分自信を人間に現れる必要があります。

大自然をとおして

昼は昼へ、話を伝え、夜は夜へ、知識を示す(詩篇19章2節)  宇宙で素晴らしい神がつくられた秩序のなかにあり、彼のサイズと命令、彼の多様性と良さの宇宙だけでも、なんとか神の偉大さを明らかにします。我々の地球の創造においても、神は彼の偉大さ、我々の理解を超える突出した知恵と想像力を示しています。世界が創造されてからこのかた、人々は、天地や神様がお造りになった全てのものを見て、神様の存在と、その偉大な永遠の力をはっきり知っていました。ですから、彼らには弁解の余地がないのです。 (ローマ人への手紙1章20節)

人の心に語りかける神

コミュニケーションは言葉によって生かされる。神は幾人かにそれをお話されています。なぜなら、聖書にある預言者のことばは、預言者がかってに考え出したものではないからです。それは、これら神様を敬う人の心に住まれる精霊様がお授けになった、混じりけのない神様からのことばなのです(第二ペテロの手紙1章21節)  他のいかなる文芸作品でも、少し先の未来に起こることを明確そして詳細に語っているものはありません。我々がイエス・キリストの出身地または彼の後の磔の詳細だけについて考えてみても、これは偶然ではありえません。神の、ご計画は聖書全体の中であきらかになります。全体が神様の霊感によって書かれた聖書は、何が心理であり、何が悪であるかを良く教えてくれます。また、私たちの生活をまっすひにし、正しいことを行う力を与えてくれます。(第二テモテへの手紙3章16節)

Lektion2 Buchこれまでのいかなる本も、このように人生をも変える力は持ち合わせていなかった

聖書特定の特徴は、人々の人生の中でその影響が現れることです。私たちは、神様に感謝せずにはおられません。それは、私たちが伝道した時、あなたがたはそのことばを、ただ人間の口から出たものと見なさず、神様のことばとして聞いてくれたからです。これは事実、神様のことばであって、信じる者の生活を一変させるのです。(第一テサロニケへの手紙2章13節)  数百万の人々が、個人の経験から千年以上前のことについて証言しました。主の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、主の仰せはきよくて、人の目を明るくする。(詩篇19章8節)

神がなんであるか知りたい人は、神の言葉を信じ聖書を読むことです。聖書の中で、神は私たちに期待することを正確に知らせてきます。

12章全て、無料でPDFファイルでダウンロードできます。

Cookies make it easier for us to provide you with our services. With the usage of our services you permit us to use cookies.
Ok