イエスについて沢山の話を私たちはすることができます。彼が起こした沢山の奇跡、真理をついた人生など。しかし、最後には、彼がやったことは全て彼の死と復活に目指しています。なぜ聖書に最後の出来事に重点を置くでしょうか。なぜ聖書にはイエスの死について沢山のことが書いてあるのでしょうか。なぜなら、彼が私たちの身代わりに死んで、私たちの罪を背負って、私たちをそのことを通して救たからです。

Lektion10 Herz kleinイエス・キリストは私たちの代わりに死にました

神聖な神の前では、神は全ての罪人に同じ罰をしかし、私たちは罪を科せられますが、聖書を読むことによって、その罪から開放される方法を知ることができます。しかし、私たちがまだ罪人であった時に、神様はキリスト様を遣わしてくださいました。そのキリスト様が私たちのために死んだことにより、神様は私たちに、大きな愛を示してくださったのです。(ローマ人への手紙5章8節)  神の息子は、この奇跡的な救いを自らおこなってくれました。彼は、私たちの罪を背負うために、私たちの場所に来てくれたのです。キリスト様も苦しまれました。一度も罪を犯したことのない、潔白な方であったにもかかわらず、私たち罪人のために一たび死なれたのです。それは、私たちを確実に神様のもとに導くためでした。(第一ペテロの手紙3章18節)  ここに、神の愛情があらわされています。

イエス・キリストは私たちの罪を背負って死にました

ここで神は、キリストの死は用意されていたものではないことをみせいてます。罪の罰はすべて払拭されなくてはいけない。イエスは卑劣な拷問に苦しみました。十字架にかけられたとき、彼は叫びました: わが神、わが神。どうして私をお見捨てになったのですか?(マルコの福音書15章34せつ)  この恐ろしい瞬間、最愛の息子に神は背をむけました。これは、分離の罰で苦しまなければいけなかったからです。イエスが私たちのもとに来て以来、彼は私たちの罪に対する責任を全て背負ったのです。その罪の罰を受けなくてはいけなかったのです。

イエス・キリストは私たちを救うために死にました

イエス・キリストは死んで3日目に生き返りました。彼は私たちの罪をすべて受け止め、払拭してくださったのです。しかも、死んでのち復活することにより、神様のきよい性質(聖霊)を備えた、力ある神のひとり息子であることが証明されたのです。(ローマ人への手紙1章4節)  これによって、私たちの救いの道は作られたのです。さもなければ、私たちは地獄で永遠に苦しむことになったでしょう。

しかし、何があなたと関係ありますか?どのようにして神について理解しますか?イエスはどのようにしてあなたを救うのでしょうか?

12章全て、無料でPDFファイルでダウンロードできます。

Cookies make it easier for us to provide you with our services. With the usage of our services you permit us to use cookies.
Ok